遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

Googleデジタルワークショップ 全課程を修了しました!

どうも、Yoshiです。

 

最近、遅めの夏バテなのか、食欲が減退している僕です。

しかし、体重は一向に減らないこの怪奇現象。

確かに運動もしてないのに簡単に体重が減るはずもない訳で。

 

それに、それにっていうか(笑)

先月より自宅筋トレを始めまして。多少なりとも筋肉がついたため体重が減らないのかな?なんていうことも考えております。

 

 ただ、最近空前のシュークリームブーム。

これが一番の元凶だということは自覚しております(苦笑)

甘いもの控えないと… 

 

 

今話題のGoogleデジタルワークショップ

先月より始めたGoogleデジタルワークショップの全課程を修了しました!

 

f:id:to-many-hopes:20170909122442j:plain

完全に無知な僕でしたがGoogleより認定証をいただけるということで、今後のことも考えて取得可能なのであれば、頑張って取得してみよう!と思い、頑張ってきました。

時間のある日に少しづつ進めて先日やっとすべての過程を修了し認定証をいただくことができました。

 

デジタルワークショップとは?

learndigital.withgoogle.com

 

Googleデジタルワークショップとは、Googleが無料で提供している動画学習サービスです。

 

インターネットの仕組みやビジネスの活用方法、SEOやメルマガ、アクセス解析や動画の活用、検索エンジンの仕組みや活用方法などwebマーケティングに関する内容や知識を学ぶことができるサービスです。

 

レッスンごとに学ぶ内容をとても分かりやすく説明してくれる動画があり、動画を見て実践問題を解いていくというスタイルです。

動画だけでなく、動画の内容が字幕的な感じでテキストとしても読むことができるのでとても分かりやすく感じました。

 

f:id:to-many-hopes:20170909121734p:plain

※これはすべての工程を修了した後の画像です

 

1つのレッスンで約2~6項目で一つの章が構成されており、全部で23章あります。

この23章をすべてクリアすると「Google認定証」をいただけます。

 

認定証はこんな感じ。

f:id:to-many-hopes:20170909122001p:plain

僕はスマホタブレットで利用したことはないのですが、パソコン以外の端末でも利用が可能なようですので、通勤中など空いた時間に学習できるというメリットもあります。

 

どうやって始める?

 Googleのアカウントがあれば、ログインすればすぐにでも開始することができます。

もし現在Googleのアカウントをお持ちでない方も無料で作れるので、アカウントを作って学習してみるというのもいいのではと思います。

 

 

どんな内容があるの?

 学習内容はこんな感じです。

 

  •  インターネット上でのビジネス機会
  • オンラインで成功するための第一歩
  • ウェブサイトの活用
  • メールマガジンの活用
  • 検索エンジンへの対応
  • 検索で見つけてもらう方法 (SEO 第1章)
  • 検索の有効活用 (SEO 第2章)
  • 検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第1章)
  • 検索連動型広告の改善 (検索連動型広告 第2章)
  • ウェブサイトの分析の始め方 (ウェブサイトの分析 第1章)
  • ウェブサイトの分析の活用方法 (ウェブサイトの分析 第2章)
  • 実店舗ビジネスのインターネットの始め方 (実店舗ビジネス 第1章)
  • 実店舗ビジネスのインターネットの活用方法 (実店舗ビジネス 第2章)
  • ソーシャルメディアの始め方 (ソーシャルメディア 第1章)
  • ソーシャルメディアの活用方法 (ソーシャルメディア 第2章)
  • 携帯電話(スマホ)の可能性について
  • 携帯電話(スマホ)向け広告
  • ディスプレイ広告の始め方 (ディスプレイ広告 第1章)
  • ディスプレイ広告の活用方法 (ディスプレイ広告 第2章)
  • 海外への展開
  • 動画の有効活用
  • eコマースの構築
  • インターネット上での販売促進

 

と上記の、23章すべてのバッジを取得すると最終試験となります。

最終問題は70点以上で合格となります。

最終点数などがわからないので、自分が何点取れたのかということはわからないのですが、採点が終わると晴れて認定となります。

 

 

なんと、資格としても!

とはいってもビジネス特化型のSNS「LinkedIn」のみということにはなりますが、資格として登録することができます。

 

しかし、現在ビジネスをされている方、これからビジネスを始める方にとって「LinkedIn」の登録ということも選択肢の一つに入るかと思いますのでデジタルワークショップ認定証を所有していれば、少しの力になるのではと思っております。

 

 

f:id:to-many-hopes:20170626192403j:plain

 

こういったウェブ上での認定証が増えてくる?

 これは僕の完全な憶測ですので鵜呑みにしないでください(笑)

2020年にはプログラミングが学校の必須科目にインするということが決定しております。

現在では多数のプログラミングスクールや教室などが増えてきていますし、僕が利用していました、Progateもそうですし、ドットインストールやスクーといったネット上での学習サービスもたくさんあります。

これからさらに拡大していく中で、こういったオンラインでの資格取得というサービスが増えていくのではないかと思っております。

 

クラウドワークスやランサーズというようなクラウドソーシングなどの利用者も増えてきているようですし、資格といったものも全てネット上で取得できる時代になるのかなと。

 

 

といってもすでにたくさんあるのかもしれませんが(笑)

僕ももっともっと勉強していきたいと思います。

 

 

時代に取り残されないように頑張らなくては。

 

 

 

ではまた!

© 2017 to-many-hopes.blog