遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

自転車業界への参入が増えている??

どうも、Yoshiです。

 

 昨日は大阪は雨でした。

湿気も多くて、過ごしにくい日でした。

そんな天気が嘘のように今日はカラッと晴れております。

 

しかし、まだまだ暑い日は続いておりますね。

日中に歩くと若干汗が滲む季節です。

 

皆さんは自転車乗られますか?

乗られますかっていう質問も変なのですが、普段どのくらいの頻度で自転車に乗られますか?

 

僕は高校の時に4980円で購入した自転車を未だに乗っております。

今はどうかわかりませんが、少し前にはピストやスポーツ車が流行ったりと自転車ブームがありましたね。 

 男性だけでなく、女性もマウンテンバイクを乗ったりとかなりアクティブなスタイルの方を見かけることが増えました。

 

今でも通勤に使ったりされている方を見かけますし、まだまだ自転車人気は続いているのではないでしょうか。

 

今日はそんな自転車にまつわるお話。

 

 

 

自転車業界への参入が増加してる

f:id:to-many-hopes:20170908131836j:plain

と言いますのも、かつて自転車店で店長まで上り詰めた僕です(笑)

そんな僕が、今日見つけた記事に反応してしまいました。

 

jp.techcrunch.com

 

「メルチャリ 」として自転車シェアリングに参入

記事内では

メルカリは9月7日、2018年初頭のサービス開始を目指し、自転車シェアリング事業「メルチャリ」の検討を開始したことを明らかにした。運営を担当するのはメルカリ アッテなどと同様、子会社のソウゾウだ。

ということで、決定ではないようですが ほぼ決定ではないでしょうか。

 

「メルチャリ」はアプリを使って街にあるシェア自転車をレンタルできるサービスということで、タイムズが現在やっているカーシェアの自転車版という感覚でいいのかなと思っています。

どこからスタートかはまだ決まってないが、今後展開エリアを広げていく予定だそうで、すでにある程度先までの戦略は決まっていそうですね。 

 

 

 DMMも自転車業界に参入

www.itmedia.co.jp

 

DMMと言えば、アダルト的なイメージをお持ちな方もおられると思いますが、アダルトのイメージはもう古く、現在はアニメや映画、ミュージックや格闘技といった動画配信もしております。

さらに、オンラインゲームや公営競技事業やオンラインでの英会話サービスなど、かなり幅広い事業を展開している企業さんです。

 

そんなDMMも自転車業界に参入するということで、駐輪場スペースを提供したり、サービスを協業する企業や自治体などを募集するそうです。

 

 

今年の2月にはセブンイレブン

www.itmedia.co.jp

 

セブンイレブンとドコモが共同で、自転車シェアリングを展開していくというニュースもありました。

少し古い記事にはなりますが、内容には

セブン-イレブン・ジャパンとドコモ・バイクシェアは2月8日、都内のセブン-イレブン2店舗で始めた自転車シェアリングサービスを順次拡大すると発表した。17年6月末までに100店舗・合計500台規模の設置を目指す。

ということで、すでに拡大も始まっているのではないでしょうか。

 僕の家の近くにセブンイレブンがあるのですが、そこはまだのようですが。

 

 

去年11月にはソフトバンクがすでにスタート

www.itmedia.co.jp

 

どんなことにも一歩先を進んでいるイメージのソフトバンク

そんなソフトバンクも去年の11月に自転車シェアリングサービスを開始しているとのこと。

”IoT自転車シェアリングサービス”として、スマホやパソコンなどで登録されている駐輪場(ステーション)を検索したり利用予約や決済などもすることができるそうです。

 

さらには、あらかじめ交通系ICカードを登録しておけば予約不要で利用することもできるそうで。借りたい自転車はどこのステーションでも返却することができて、1つのアカウントで最大4台までの同時利用も可能ということもあって、グループでサイクリングなんていうこともできたりしてとても便利だと思います。

 

 

実はあの音響メーカーも自転車業界に!

news.mynavi.jp

 

 かつて自転車店に勤めていた僕ですが、まさかパイオニアが自転車部品を作っていたことは知りませんでした。

自転車部品と言っても、「サイクルコンピューター」と呼ばれるものを作っているそうです。

 

サイクルコンピューターとは簡単に言いますと、スピードメーターのように考えていただければわかりやすいかと思います。(あくまでも”簡単に”です。)

 そんなパイオニアも自転車業界に参入してたということで、今後上記の企業と共に自転車シェアリングに参入する可能性もあるのかなぁと個人的に期待しております。

 

 

自転車シェアリングサービスが増える中で思うこと

f:id:to-many-hopes:20170908132738j:plain

旅先なんかでちょっと自転車でウロウロしてみようかなという時にもすごく便利ですよね。

自転車を買うほど使わないけど、ちょっとした時に乗りたい。なんていう時にもすごく便利だと思います。

 

ですが、自転車というものにもマナーがあります。

交通マナーもそうですし何より違法駐車なんていうのもあります。さらには盗難事件もまだまだありますからね。

 

そういうことを考えると自転車業界というものを拡大、展開していくのはどうかなと個人的に思うのですが、自転車の需要というのはなくならないと思いますので、ビジネスとしてはとても素晴らしいことだと思います。

しかし、色々と問題も出てくるんじゃないかなーという不安もあります。

 

特にスポーツ車に乗られている方全てではありませんが、スピードが出るため危ない運転をされる方もおられますし、リカンベントで事故をされて亡くなってしまった方もおられます。  →リカンベントって??

 

そんな状況もまだ残っていますが、これを機会に不法投棄自転車とか、違法駐輪とか窃盗などがなくなればいいなぁと思っております。

 

 とは言っても、元自転車業界にいた僕としては自転車事業が拡大していくというのは嬉しいことです。

是非とも頑張って欲しいです。

 

 

 

ではまた!

© 2017 to-many-hopes.blog