遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

散らかった環境はアイデアの宝庫

どうも、Yoshiです。

 

久々に散髪に行きました。

伸ばしていたつもりはないのですが、かなり髪が伸びてきており前髪が目にかかってうっとうしかったので、本日空いた時間でサクッと散髪に行ってまいりました。

 

やはりすっきりした方が気分的にもなんかいいですね。

 

視界が広くなって思考もスムーズな印象。

(多分、気のせいですが気持ちの問題って結構大事だと思ってます。)

 

 

 

突然ですが、皆さんは掃除上手ですか?

上手でないにしても、きちんと整理整頓されている方はたくさんいらっしゃると思います。

少しでも汚れていたら気になって仕方がない。なんていう人も。

 

何を隠そう僕の部屋はかなり汚いです。

f:id:to-many-hopes:20170831201700j:plain

(画像はあくまでもサンプルです。自宅ではありません(苦笑))

 

掃除が嫌いというわけではないのですが、いざ掃除をしようという気持ちになるまでがかなり時間がかかってしまってまた次の休みにしよう…という具合に持ち越しになってしまうパターンが多いです。

 

なぜか始めるまでが面倒くさい…これはもう性分なのか…

 

汚い部屋の中でパソコンをつけ、ネットを見ているとこんな記事を発見。 

 

tabi-labo.com

 

なんだと!?

 

まさに僕と同じじゃないか。

部屋が散らかっている人の方が…実は…

 

優秀!?

 

ということはつまり!?

僕は「優秀」であると。

 

 

 

 

 

 

 

ということになるわけがないのですが、確かに。と頷ける部分もありました。

というのも、以前僕の勤めている会社に、何度言ってもデスクの上を片付けない上司がいました。

もう少しいうと、片付けるのは片付けるのですがすぐに汚くなってしまう。

 

食べかけの飴ちゃんの袋があったり、ノートがそのまま置いてあったり、雑誌が乱雑に積まれていたり。その下に電卓があったりと。

 

それはもうかなり悲惨な状況でした。

 

ですが、その方そういったデスク環境ではありますが、仕事はピカイチ。

今回の記事を読んで「なんか理解できるかも」と思ってしまったことは言うまでもありません。

天才肌というのか、そういう方っていうのはそういう環境が自分の環境であり、そういった環境の方がより優れたパフォーマンスが発揮できるということなんだろうな。ということを理解しました。

 

 

周りから見れば「汚らしい」だとか、「掃除してほしい」だとかいろんな意見があるとは思いますが、それがその人の仕事を効率を左右するのではあればそれはそれでいいのではないかと。

 

もちろん、他の方のデスクに雪崩が起きてしまう。なんていうことであれば注意しきちんと片付けてもらうべきですが、その人専用のデスクなのであればあまりそこまでうるさくいう必要もないのかなと。

逆に片付けたことで作業効率が落ちるようであれば、これは逆効果になるのでは?そう思ってしまいます。

 

全ての人が当てはまるわけではありませんから、単純に机が汚いだけの人もいらっしゃるかと思いますが、一度その方の仕事っぷりを見てみてはいかがでしょうか。もしかしたら意外な一面が見れるかも。

 

  

 

会社でのデスクはかなり整頓しているのですが、やはり自宅ではダメな僕です(苦笑)

 

 

 

ではまた!

© 2017 to-many-hopes.blog