遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

今日はなんとなく音楽のこと。

どうも、Yoshiです。

 

最近逆に汗でベタベタになる方が心地よくなってきた僕です。

もうここまでベタベタになるならとことんベタベタになってやろうかと。いちいちシャワーを浴びていたらキリがない。

それなら、いっそ汚いままでいてやろうかと。

謎の反抗期を迎えております(笑)。

 

 

今日はなんとなく音楽のこと。

f:id:to-many-hopes:20170806135144j:plain

突然ですが、皆さんはどんな音楽を聴きますか?

Jポップ、Kポップ、ロック、洋楽、メタル、ヒップホップなどいろいろなジャンルがありますよね。

僕は音楽が好きでブログを書いている時も、音楽をかけながら書いています。

何より引きこもりでYouTubeが好きな私。暇があれば見ているのですが、そんな中でこんな動画を見つけたので載せてみました。

 

youtu.be

個人的には向井秀徳さんというのはあまり知らないのですが、この曲はすごくいいなと。

元はZAZEN BOYSの曲で、それをアコースティックバージョンにアレンジしたものがこれなんだそうですが、原曲とは全く違う曲に聴こえるほど独立した曲なような気がして。

あんまりこういうことは言わない方がいいんだろうけど、個人的にはこっちの方が好きです(笑)

 

ギター一本でこんな雰囲気が出るのってなんか凄いなと。

一応こういうのも弾き語りというのかわかりませんが、ギターと歌のみで世界観を出せるのって本当にすごいなと思います。

 

やっぱり音楽っていいなと。

 

ショーシャンクの空に

 1994年に公開されたアメリカ映画「ショーシャンクの空に

”刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ”

ショーシャンクの空に - Wikipedia

 

その映画の中に出てくる会話の中で

 

「音楽は決して人から奪えない」

 

というセリフがあるんです。

これが個人的にすごくいい言葉だと思ってずっと心に残っています。

確かにそうなんですよね。

別に音楽が実際になっていなくても、頭の中で流れるっていうことがあるじゃないですか。つまり音楽っていつでもどこでもあるっていうことで、自分の中から消すことはできないんだと。

これってなんかすごい深いなと思って共感ました。

 

 

音楽も進化を続けていますが、なくなる気配は一向にありませんよね。

今はダウンロードという形が主流になってきていますが、それでもアーティストたちは新しい曲を作りリリースをしています。

つまり音楽って一生なくなることはないんじゃないかなとこう思うわけです。

 

そんなのみんな知ってることなのかもしれませんけど(苦笑)

ただ、今日はすごくいい曲を見つけたので、なんとなく音楽について書きたくなっただけです(笑)

 

 

ではまた!

© 2017 to-many-hopes.blog