遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

中学3年生がウイルスを開発!?

どうも、Yoshiです。

 

なんか天気が悪いと気分的にもどんよりしてしまうのはなぜでしょうか。

よく雨の日は古傷が痛むなんてこともありますが、そういった身体的な影響などもあったりするのでしょうか。。

 

Yahoo!ニュースを見てて、驚いた記事をご紹介。

 

中学3年生が身代金ウイルスを作ったということで、なんとも驚きです。

 

 

 

中学生でもプログラミングができるという驚き

 

プログラミングどころか、HTMLのマーキング言語もままならない僕からすれば凄いなと感心するばかり。

内容的には悪質な犯罪ウイルスになりかねないということで、よくない事件だと思いますが、プログラミングができるという部分に関してだけ!話をするとすごいなーと思うわけです。

 

f:id:to-many-hopes:20170614222929j:plain

 

headlines.yahoo.co.jp

 

記事の内容はコピペ(コピーアンドペースト)だけで作られたもの

として書いてありますが、コピペだけだったとしてもどう組み合わせればこういうものが作れるということがわかっているということではないのでしょうか。

 

全く知識がない僕の発想なので、プログラミングに対して知識をお持ちの方でしたらそういうことじゃない。と思われるかもしれませんが…

 

でも、HTMLにしても記述のルールというものがありますよね。

そのルールがわかっていなければ、正常に作動しないのと同じで、プログラミングにもそういったルールというものがあるのでは?と思うのですが、どうなのでしょう。

 

ルールを知らなくても作れる?

HTMLやCSSの場合、言語コード文字コードを入力するということが義務付けられてますけど、プログラミングにはそういったものはないのでしょうか。

 

はたまたそういった部分も含めてコピペしたということなのかな。

 

いずれにしても、このコードがいるとか、このコードは必要ないという分別というか、判断というのができないと意味がないじゃないかなーと思う訳です。

素人な僕ですから、意見は色々あるかもしれませんが、この記事では”おもちゃ”と言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。

 

もしかしたら、遊びで作ってみただけだとか。

 

 

考えすぎかな(笑)?

 

 

でもこういう自分なりの解釈っていうか、想像するの結構好きなんです。

なんか楽しいじゃないですか。

自分だけの世界って言ったら少し閉鎖的な感覚になってしまいますけど、想像の世界は自由ですからね。それを現実と混同しなければ。ですけど(笑)

 

いい意味で、中学生でもプログラミングを行うことができるということがわかって、自分も改めて頑張ろうという気持ちになりました。

 

 

こういう若くしてプログラミングができる(今回の事件は別にして)人がどんどん増えてきたら今後の未来ももっともっと楽しくなっていきそうな気がしますね。

 

僕もその未来についていけるように頑張ろう!

 

 

 

 

ではまた!! 

© 2017 to-many-hopes.blog