遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

あのホウキに乗っていた少女は今!?

どうも、Yoshiです。

 

ポテトチップスを食べすぎて、口の中の上の部分がズタズタになってしまい、かなりヒリヒリしております。
気を付けて食べているつもりでも、ポテトチップスってなぜか口の中にケガを負いますよね。

 

後、スナック系のお菓子って一度開けてしまったら、途中でやめるのって難しくないですか?
あれは僕だけなのかな。


一度開けたら最後まで食べ切るしかないと思ってしまいます。

「やめられないとまらない」のは、かっぱえびせんだけじゃありません。

 

9割以上のお菓子がやめられずとめられません。

 

お菓子って本当に異常ですよね。

 


そういえば、今日のお昼はカップヌードルでした。

f:id:to-many-hopes:20170619212027j:plain


色々賛否両論はあると思いますが個人的にカップラーメンの中ではやっぱりカップヌードルが一番好きです。
他のカップ麺も確かにうまいんです。
もうカップ麺じゃないじゃない。このクオリティっていう商品ばかりですから。

でも、迷ったときとか最終的に手を伸ばすのはやっぱりカップヌードルなんですよね。

 

 

カップヌードルのCMは面白いものばかり

カップヌードルといえば、僕が産まれる前からある商品。
あんまり小さい頃に、カップヌードルを食べたっていう記憶はないですけど、学生時代ぐらいからよく食べてたなっていう印象です。

当時からやってたCMも結構印象的なものが多かったようなイメージです。

 

hungry?

僕の世代で行くと”hungry?”というキャッチコピーが書かれたCM

youtu.be

これが印象的ですね。
見ただけでカップヌードル食べたくなったなあ。


20世紀カップヌードル

これも印象的だったなあ。

youtu.be

当時、合成技術なんて知らなかったから凄く覚えてます。
今見ても、面白いと思うCMだと思います。

 

NO BORDER

2000年以降にはMr.Childrenさんの曲を使った「NO BORDER」というものもありましたね。
このシリーズは回を増すごとに反戦色が強いCMになってた気がします。


-希望編-

youtu.be


-少年編-

youtu.be

 

FREEDOM=自由

後はあの「AKIRA」で有名な大友克洋さんがプロデュースした、23世紀をテーマに自由を求める少年たちの物語をSF風に描いたCM

 

youtu.be


AKIRAが大好きなので、これも物凄くテンション上がったなあ。
大友さんの絵は細かくて本当にすごいと思います。

 

AKIRA

youtu.be

 

とまあ他にもたくさんのCMがありますが、今回はまた面白いCMのようです。

 

あの少女が女子高生に

きっと知らない人はいないだろうレベルのジブリアニメ「魔女の宅急便
あの主人公の少女が女子高生になったという設定でのCM

こういうのって個人的に凄く好きです。

 

youtu.be

 

色んな意見があると思いますが、なんかこういうのって説明するのが難しいんですけど、すごく好きなんですよね。
「あの人は今!?」みたいなやつ。
どうなってるんだろうって気になりませんか?


中には、こんなイメージじゃなかった。。。
っていう方もおられるとは思いますが、今回の魔女の宅急便のCMに関しては、そういうった印象はないのでしょうか。


スラムダンク あれから10日後・・・


学生時代にドハマリしたスラムダンク
スラムダンクを読んでバスケを始めた僕にとってはバイブルでした。そのスラムダンクが急に連載を中止してしまい、謎の「第一部 完」というなんとも歯切れの悪い終わり方をして早20年。
きっと誰もが”第二部”を今でも心待ちにしていると思います。

そんな、スラムダンクにも「その後」的なものがアップされて、当時は物凄く反響を呼んだと思います。


スラムダンク あれから10日後・・・」

youtu.be

 

もちろん、スラムダンク少年だった僕もかなりテンションが上がりました(笑)
まさか、続編が始まるんじゃないか!?とまで思ったぐらいです。

結局未だに続編は始まっていませんが、今でも待っています。

 

 

まとめ ではなく、個人的感想

今回の魔女の宅急便に関しては賛否両論様々なようですが、こういうなんか「その後」とか「あの人は今」とかそういうのってなぜか個人に好きなんですよね。
なんかこう想像を掻き立てられるというか。

自分の持つイメージっていうのはあると思うんですけど、そういうのって先入観っていうか捉われすぎるのってよくないと思うんです。

いつまでも当時のままを引きずってるような気がして。時代は常に進化してるし実際にキキだって”成長した姿”という設定なんですから。それなのに当時のままっていうのは、魅力が出せないんじゃないかなあと。

 

それに、こういうものを制作する方たちって安易にできないじゃないですか。特に今回なんてあのジブリ作品ですし。「JKになったキキとかって面白いんじゃね?」みたいな軽いノリじゃ作れないと思うわけです。だって看板背負うレベルでしょ。


魔女の宅急便のイメージなんかを壊しちゃいけないっていうことは当然考えてるだろうし、どうやったらよりみんなが求めているような「その後」になるかとか、雰囲気とか、キキやメガネ少年はどんな風に育ったかとか。そういうものをすべて含めて構想を練って、形にしていくわけじゃないですか。

だから、そんな簡単にできるもんじゃないと思うんです。


賛否両論があることはわかってるだろうし、どんな発言が出るとかっていうのもある程度予測はしてるんじゃないかな。


でも、そういう考えられる全てのことを踏まえたうえで、今回こういう形にしたっていうことはやっぱりこれが正解なんじゃないかしら。と僕、一個人は思うわけです。

 

個人的には、映画化してほしいぐらいに面白そうだなと感じました。


お腹すいたな。。。
カップヌードル買いに行こうかな。

 

 

 

ではまた!

© 2017 to-many-hopes.blog