遊びは終わりだ。

おっさんが自由気ままに更新します。

そろそろ人生の遊びは終わりだ…

今日はなんとなく音楽のこと。

どうも、Yoshiです。

 

最近逆に汗でベタベタになる方が心地よくなってきた僕です。

もうここまでベタベタになるならとことんベタベタになってやろうかと。いちいちシャワーを浴びていたらキリがない。

それなら、いっそ汚いままでいてやろうかと。

謎の反抗期を迎えております(笑)。

 

 

今日はなんとなく音楽のこと。

f:id:to-many-hopes:20170806135144j:plain

突然ですが、皆さんはどんな音楽を聴きますか?

Jポップ、Kポップ、ロック、洋楽、メタル、ヒップホップなどいろいろなジャンルがありますよね。

僕は音楽が好きでブログを書いている時も、音楽をかけながら書いています。

何より引きこもりでYouTubeが好きな私。暇があれば見ているのですが、そんな中でこんな動画を見つけたので載せてみました。

 

youtu.be

個人的には向井秀徳さんというのはあまり知らないのですが、この曲はすごくいいなと。

元はZAZEN BOYSの曲で、それをアコースティックバージョンにアレンジしたものがこれなんだそうですが、原曲とは全く違う曲に聴こえるほど独立した曲なような気がして。

あんまりこういうことは言わない方がいいんだろうけど、個人的にはこっちの方が好きです(笑)

 

ギター一本でこんな雰囲気が出るのってなんか凄いなと。

一応こういうのも弾き語りというのかわかりませんが、ギターと歌のみで世界観を出せるのって本当にすごいなと思います。

 

やっぱり音楽っていいなと。

 

ショーシャンクの空に

 1994年に公開されたアメリカ映画「ショーシャンクの空に

”刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ”

ショーシャンクの空に - Wikipedia

 

その映画の中に出てくる会話の中で

 

「音楽は決して人から奪えない」

 

というセリフがあるんです。

これが個人的にすごくいい言葉だと思ってずっと心に残っています。

確かにそうなんですよね。

別に音楽が実際になっていなくても、頭の中で流れるっていうことがあるじゃないですか。つまり音楽っていつでもどこでもあるっていうことで、自分の中から消すことはできないんだと。

これってなんかすごい深いなと思って共感ました。

 

 

音楽も進化を続けていますが、なくなる気配は一向にありませんよね。

今はダウンロードという形が主流になってきていますが、それでもアーティストたちは新しい曲を作りリリースをしています。

つまり音楽って一生なくなることはないんじゃないかなとこう思うわけです。

 

そんなのみんな知ってることなのかもしれませんけど(苦笑)

ただ、今日はすごくいい曲を見つけたので、なんとなく音楽について書きたくなっただけです(笑)

 

 

ではまた!

80%という高い精度を誇るAI技術

どうも、Yoshiです。

 

炭水化物を少し減らし気味にしているのですが、なかなか体重が落ちません。

主食は野菜という何ともベジタリアンな生活を送っている私ですが、溜まった脂肪の腰は重いようです。

 

 

人間の未来はAIの普及により仕事は激減する

 さて、未来はAIの普及により仕事は激減する。

などといった内容の記事や本、ニュースなんかも目にすることが多くなりました。

中にはどの業種がなくなっていくかなんていうことが書かれた本なども存在したりしますよね。

この発言って個人的にはものすごくネガティブな発想過ぎるような気がしてならないんですけど(苦笑)

 

精巧なAI技術誕生

そんな中で早くもこんなニュースが!

 

www.itmedia.co.jp

 

なんとコンクリートのひび割れを80%という高い精度で発見するというAI技術があると。

これは何とも素晴らしいですね。

f:id:to-many-hopes:20170806125100j:plain

 

あまりいいイメージを持たれていなさそうな道路工事

道路工事といえば、一般市民の僕からすれば馴染みが薄く、時には迷惑な存在だったりするわけで。近道を通ろうと思って進むと工事中の看板が…

迂回してくださいとか、車線が減少してたりとなかなか迷惑をこうむっている場合もありますよね。

f:id:to-many-hopes:20170806130143j:plain

中には夜間まで工事を行ったりだとかっていうこともあります。

ですが、これも僕たちが毎日使う道路の整備をするために必要な作業だと思います。多分ですけど、本人もきっと「迷惑だと思われてるだろうなぁ」って心の中で思ってたりもするんじゃないでしょうか(笑)

 

f:id:to-many-hopes:20170806130323j:plain

 

道路工事事業に革命が起きるかも!?

というのは大げさすぎますが(笑)

ただ、そんな中で道路のひび割れが80%という精度で発見できるAIが誕生したと。

これは素晴らしいことですよね。

記事によると

調べたい場所をスマートフォンデジタルカメラで撮影し、画像をクラウド上のシステムに送ると、AIがひび割れを検出。画像のどこにひび割れがあるかを記録するという。従来の技術では12%程度の検出率だったが、新技術は実用化の目安となる80%以上の精度を実現したとしている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/04/news085.html

なんと従来の検出率が12%だったのに対して、新技術では80%以上!

従来の約7倍!

これはすごい。

 

こんな技術がどんどん出ていくとなるとより工事も効率化を図ることができるのではないでしょうか?

例えば、最小限の工事で作業を済ませることができたり、時間短縮につながったり、これまでの統計データに基づいて今まで以上に事前修復作業が行いやすくなったりと様々な作業の効率化になるのではないのでしょうか?

 

工事現場などの仕事を経験したことがないので、彼らの苦労やしんどさなどは完全には理解できませんが、現場仕事というのはこの時期には本当につらい仕事だと思います。

そんな作業員さんの負担が少しでも軽減されるなら新技術の導入もとても素晴らしいのではないでしょうか。

 

 

AIの認識について 

 冒頭にも書きましたが、AIの出現によってネガティブなものばかりが目に付くような気がしています。(僕の見ている部分がそう見えるだけかもしれませんが。)

ただ、一般的にはAIが普及することで8割の仕事がなくなるというように言われていたりだとかということがどんどん広まってしまって、人間の未来はどうなるんだなんていう話にまで発展してる気がします。

 

確かにAI技術が進化するにつれて僕たちの仕事はなくなってしまうかもしれない。

でも、より良い環境になるのであればAIの技術を受け入れていくべきなんじゃないかなと。2ちゃんねるの創設者のひろゆきさんも言ってますが、”ベーシックインカム”の導入っていうのも僕は個人的には賛成なんです。

いろいろ問題点などは出てくると思うので、その辺はしっかり判断すべきだとは思いますが。

でも、技術が進化していく中で少子高齢化であり、どうやってもAIには勝つ見込みってないのではないでしょうか。だって向こうは機械ですから(笑)

それなら、僕ら人間が作った機械を受け入れてしまって逆に使ってやろうというぐらいの気持ちの方が気分的にも楽なんじゃないかなと(笑)

 

まぁ今思った感情や気持ちのままで書いてますので、知った風な口を利く感じになっちゃいますが、きっとこの先AI技術などについて詳しい内容を知ったところで僕の考え方や意見は変わらないと思います。

 

なぜ人間はAIを作ったのか。

ということを考えるとわかりやすいと思うのですがどうなんでしょうか。

 

とにかく、僕個人的には今後の未来が楽しみでなりません!

僕自身も頑張らねば!

 

 

 

ではまた! 

 

© 2017 to-many-hopes.blog